小3夏休み

ドリル・参考書

自由自在算数をちょっとだけやってみる

小3長男の夏休み用、算数教材を探し、自由自在算数を購入しました。 力の5000題と同じような厚さながら、問題量は半分以下。力の5000題が問題集寄りなのに対し、自由自在は参考書寄りの構成です。また難易度も力の5000題よりは簡単なように思います。小3長男は力の5000題だと正答率が基礎問題80%、実力問題50%程度ですが、自由自在は60~70%くらいかな。演習量としては自由自在ではおそらく足りないと思いますが、ひととおりやるための時間が力の5000題だとあまりにかかりすぎると思われるため、自由自在をひとまず一周し、苦手分野のみ、力の5000題で補充しようかと思います。
ドリル・参考書

小3夏休み、何をするか③

コロナ休校時にドリル品薄だったことの反省を踏まえ、早めに調達したいと、私的に最上位の聖地・丸善丸の内店に行ってきました。いつもながら、小学生用参考書コーナーには同士がいっぱい…☆とりあえず目星をつけた本を比較検討し、以下を購入。 算数はAmazonで取寄せた「力の5000題」が暫定候補。同じくらい多数の問題が掲載されている問題集を見つけられず、何も購入せず。 国語は問題集やるか読書メインがいいか迷っているのですが、とりあえず、ストレスなく終わる年相応の薄め問題集と本を購入。問題集のほうはSAPIXで学習した範囲とも重複しており、復習によいかと思い選択しました。あさのあつこ著「バッテリー」は角川で私が読んだときのものを持っているのにルビあり角川つばさ文庫をさらに購入。ルビなしでさらに読書のハードルを上げるのは本意ではないのでやむなし。 社会は時間がある今のうちに親子で地図帳を見ながら埋めるな...
ドリル・参考書

小3夏休み、何をするか②

小3長男の夏休み、どうする問題。問題数が多数掲載されている問題集を求めて、ブログでもちらほら紹介されている「力の5000題」算数(絶版)を購入してみました。 中古を買うしかなく、3980円もしましたが、書込み複数個所の良品でした。これはなかなかよいかもしれません。計算問題がかなり多く掲載されており、小3長男でも基本・練習・応用のうち、練習までであれば60%くらい解けるのではないかと思えます。本人のモチベーション維持の観点からできれば7割くらいは問題なく解けるレベルに設定したいと思っているので、ありではないかと。パイロット的に何項目かやってみようと思います。 昔の参考書らしく、中身白黒で字も小さく、見た感じが難しそうですが、せめてドラえもんの表紙かなんかつけようかしら。
スタディサプリ

小3夏休み、何をするか①

小3長男の夏休み、スタサプ算数小5応用をやってはどうかな、と思い、小5算数第1回講義を試しに視聴してみました。単元は数列です。結果、たぶお式で等差数列の何番目かの数を求める問題や和を求める問題は二周、やっていますが、まだ一人ではスタサプ練習問題を完遂できなさそうです。時間も練習問題を一緒に取り組み(1~1.5時間)→講義視聴(1時間)→確認問題の正答率70%(0.5時間)くらい、かかるでしょうか。視聴時間をインターバル的に活用できるのでモチベーションは、ひたすら問題集をやるよりはまだ続きやすいですが、やはり少し、難易度が高すぎるのかなと思います。これを一日1講義やるってさせすぎかな、させすぎでしょうね。もう少し基礎的な問題をさがす方向性でいきたいと思います。公文みたいな自走できる中学受験用のプログラムがあるといいのですが…。