2022-03

たぶお式

たぶお式ブロック3取組み中

春休みを利用してたぶお式プリントを朝1.5時間やらせています(6:30~8:00)。今日は面積の公式と移動の2週目。面積問題初心者の長男は、扇形を円と三角形に分解して引き算するところでつまずき、 ↓これがわからない…    1週目はプリント1枚あたり10分以上かかり、母もつきっきり。本人もできないと泣き出すなど(メンタル弱!)大騒ぎでした。 たぶお式、3セットずつ問題がついているのですが、こんな苦戦回は1週目終わった後にすぐに2週目同じ回をやらせるようにしています。いまのところ、2週目はなんとか、1枚7~8分で自力でこなせています(「どこかに補助線を引くよ」などの一言アドバイスは必要)。 つまり難易度的にはちょうど、だと思うのですがメンタル弱系男子の場合、もうちょっと難易度を緩やかに設定しないと、いずれ算数嫌いになりそうで悩みます。春休みあと1週間しかない...
タブレット

チャレンジパッド4年生がなかなか良い件

長男は年長時に1年上(1年生)のチャレンジパットを開始し、そのまま1学年先のチャレンジパッドを継続してきました。 これまでの3年間でのチャレンジパッドの感想は以下のとおりです。 <良い点>AIが勝手に間違い問題だけをまとめて復習問題を作ってくれる。漢字の書き順、止めはねをAIがチェックしてくれる。特に漢検トレーニングアプリは自動で間違えた問題を繰り返せて便利。その他、お楽しみ要素(ゲームや図書コーナー)があり全般に、よくできている。→結果、「今日8個ね」とか言って放っておけば、両親不在でも家で勝手にやってくれます。これが共働き家庭では本当にありがたい。 <いま一歩の点>学年ごとのコースしか選べない。1年先取りが簡単に感じると2年先取りを選ぶしかないが、2学年上は長男には難易度が高すぎる気がして、2年生後半は簡単すぎるままにこなしている感じになりました。 そこでとり...
日々の記録

春休み学習計画

春休みが始まりました。 長期休みの場合、8:15登校が8:55学童へ出発となり、朝の時間に40分余裕が生まれます。その分、母は弁当+出勤前の羽鳥・玉川タイムが無くなるわけですが…。 春休みの計画はとりあえず以下のとおり。① SAPIX   →授業休み。1学期分はこなせており復習はとりあえず不要と判断。② 公文    →これまでどおり進める。③ たぶお式  →飛ばしていた分野(角度、面積など)をできる限り進める。④ チャレンジ →いつもどおり⑤ その他   →日本の歴史DVDを少しずつ見せたい         国語の特訓をしたい コロナ第一波での長期休暇があった一昨年4、5月で親が勉強を見てあげる必要性を痛感したのですが、春休みは短く、⑤は多分無理かと。 <現在の勉強まとめ>新小3 3月時点SAPIX 新3年 週1日 2/4番目のクラス公文 算数G1 国語EⅡ90 ...
タブレット

スマイルゼミを体験

近隣の百貨店に次男(新年中)用のタブレット教材「スマイルゼミ」を体験しに行きました。 <気に入った点>算数・国語は無学年方式でどんどん先に進められるので早期教育にタブレットを活用できそう。チャレンジパッドには幼児用が現状、ない。ので幼児にタブレット学習をさせようと思うとスマイルゼミ一択。 <今一つだと思った点>率直に言って、チャレンジパットと比較してだいぶ地味。チャレンジパッドは遊び要素や図書ライブラリーなどコンテンツが充実しているのですが、それに比べるとスマイルゼミは淡々としすぎており、自らうちの次男が進んでやる感じではなさそう。イメージとしては公文をタブレット化したような感じです。 結論ほぼ契約する気で行きましたが、結果、導入見合わせ。家事しながらでも、声を掛けたらやってくれる、つきっきりでなくても勉強できる教材、という我が家のニーズには、ちょっと合わなさそう。つき...